活動中”活用” PR

転職エージェントは複数利用がおすすめ!掛け持ちすべき理由と組合せ方法

転職エージェントは複数利用がおすすめ!掛け持ちすべき理由と組合せ方法
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

転職エージェントを使った当時、

おいも

実際、複数利用ってどうなん?

と自宅で素朴な疑問を感じました。

結論から言いますと、複数利用してOKでした。
エージェントは併用するメリットが大きく、
組合せ方には、成功パターンがありました。

この記事では、転職成功者のおいもが
転職エージェントの複数利用について、
以下の疑問にお答えします。

  • なんで複数利用をした方が良いの?
  • 複数利用して困ることはないの?
  • どうやってどこから選べばいいの?
  • 掛け持ちは正直に言うべきなの?
  • 紹介が被ったらどうするの?
  • いつ、どうやって断ればいいの?

転職エージェントの併用は、
良い案件/担当との出会いに繋がります。
掛け持ちは、駆け引きにも使えます。

組合せは、個別にカスタマイズが必要です。
しかし、基本の考え方を押さえれば、
誰でも上手くアレンジできます。

転職成功のため、必ず掛け持ちすべきです。
是非併用の参考にしてみてください!

\ひとまず気軽に無料相談/
リクルートエージェントに相談

エージェントを併用すべき理由

エージェントを併用すべき理由

転職エージェントは併用がおすすめです。
実体験から言うと、理由は次の4点です。

  • 優良非公開求人の数が増えるから
  • 良い担当に出会う確率が上がるから
  • 転職を考える視野が広がるから
  • エージェントと駆け引きができるから

理由は、以下で詳しく解説していきます。

優良非公開求人の数が増えるから

転職エージェントを併用すべき理由は、
各社が得意な求人を幅広く活用出来るからです。

エージェントで得意分野や求人数は違います。

エージェント例得意分野/求人
リクルートエージェント25,000件の求人数
マーズキャリア営業職に特化した求人

転職エージェントの併用によって、各会社特有の
優良案件の取りこぼしを防ぐことができます。

良い担当に出会う確率が上がるから

転職エージェントを併用すべき理由は、
優秀な担当に出会う可能性が上がるからです。

転職成功のカギは、優秀な転職エージェント。
担当により力量/企業とのコネ/相性は違います。

悪い担当良い担当
サポート力話を聞かない
マニュアル型
話をよく聞く
適宜柔軟型
企業とのコネ独自案件無し
交渉不可
独自案件あり
交渉可能
進め方
(相性)
担当主体
イマイチ
転職者主体
心地よい

担当者の質は、転職活動の全てに影響します。

転職活動に担当が果たす役割
  • 転職者の長所/相性把握
  • 書類/面接の演出の仕方
  • 優良非公開求人の紹介
  • 企業とのマッチング営業
  • 内定後の条件交渉

優秀な担当者に出会えるかは、確率と運です。

だからこそ、複数エージェントを併用し、
優秀な担当に出会い易くする必要があります。

転職を考える視野が広がるから

転職エージェントを掛け持ちすべき理由は、
多様な転職のパターンを知ることで、
私達のキャリアの視野が広がるからです。

転職者にとって転職活動は未知の専門領域です。

  • 経験が生かせる業界/業種
  • 働き方の相性の善し悪し
  • 転職条件の優先順位のつけ方
  • 転職の成功事例

エージェント毎に上記提案が変わります。
複数転職エージェント
を比較するほど、
私達のキャリアプランは広がります。

エージェントと駆け引きできるから

転職エージェントを併用すべき理由は、
複数の担当を競争させることで、
より好条件で転職できるからです。

対営業マンの原理原則として、
独占状態よりも競争状態の方が、
私達から案件の改善交渉ができます。

比較競争状態のメリット
  • 担当の怠慢防止
  • 企業への交渉促進
  • 非公開求人の紹介推奨
  • 謙虚で丁寧な転職者対応
おいも

良い転職のため、比較検討しています

の一言で、転職エージェントの緊迫感が走り、
担当面談の質は上がります。

複数利用の注意点

転職エージェントの複数利用の注意点

エージェントの併用には注意点があります。
多くのエージェントに依頼しすぎないことです。
5社以上依頼すると、面倒なことになります。

多すぎる併用のデメリット
  • スケジュールが調整しきれない
  • 意見が錯綜して、訳わからない

本来転職エージェントは、便利なものです。
難解で手間な転職を、プロが整理してくれます。

5社以上と相談する人が多すぎると、
時間削減/整理が出来ません

失敗しない会社/担当の選び方

失敗しない会社/担当の選び方

併用するエージェントの選び方としては、
人としての相性は転職者毎に違いますが、
組合せは一般的な正解があります。

総合型エージェントと特化型エージェントを、
2社ずつバランスよく、組合せることです。

両社の特色を生かしましょう。
業界や職種の希望がある人は、
特化型の割合を3社に増やすのもおすすめです。

営業担当はハズレを避けることが重要です。
詳細は以下の記事で解説しております。

エージェントの特徴とおすすめ

エージェントの特徴とおすすめ

転職エージェントを、簡単にご紹介します。

個人的には、以下4社がおすすめです。

転職エージェント特徴
リクルートエージェント
(総合型/年齢制限なし)
非公開求人数最多
転職エージェントナビ
(総合型/30才まで)
複数担当変更可
MARSCAREER
(特化型/29才まで)
ハイクラス/営業
リモフル
(特化型/年齢制限なし)
リモート前提

意外と選ぶのは楽しいです。
オリジナルの組み合わせを見つけましょう。

総合型転職エージェント簡易まとめ

総合型エージェントは、安心の大手会社から
特色がある会社まであります。

総合型エージェント特徴
リクルートエージェント
(年齢制限なし)
非公開求人最多
実績豊富な最大手
転職サポートが充実
typeの人材紹介
(年齢制限なし)
全般的サポート
非公開求人多い
関東エリアに強い
転職エージェントナビ
(29才まで)
担当変更が無制限
営業と会社の分離
オンラインで完結
キミナラ
(29才まで)
担当変更が無制限
担当マッチング重視
親身な相談
UZUZ(ウズウズ)
(29才まで)
時間をかけた相談
営業が転職経験者
ブラック企業の排除
キャリエモン
(30才まで)
匿名・無制限で相談
書類添削のみ可
面接相談のみ可

求人数であれば、リクルートエージェント
相談しておいて損はありません。

\非公開求人20万件以上/
リクルートエージェントに相談

特化型エージェント簡易まとめ

特化型エージェントの特化ジャンルは、
職種/業界/働き方と様々です。

職種特化型エージェント特徴
マーズキャリア
(営業/29才まで)
担当がプロの営業
条件と相性で紹介
最大5回の面接対策
コンサル転職なら
MyVision
(コンサル/39才まで)
独自求人多数
実績ある模擬面接
レスポンスが早い
シンシアード
(IT/DX/49才まで)
大手との深いコネ
企業と求職者の両面型
DXハイクラス特化
レバテックキャリア
(IT/Web/49才まで)
エンジニア理解が深い
専門担当の強み分析
情報収集でもOK
キッカケエージェント
(IT/Web/49才まで)
徹底した企業理解
経験者転職に強い
深いキャリア相談
TECHHUB NewBie
(IT/Web/35才まで)
未経験転職に強い
学習カリキュラム有
東京都内限定
クリエイター・
デザイナーに特化
【HIGH-FIVE】
(Creator/49才まで)
価値観合致と質を重視
クリエイター長所分析
生の声/社風が聞ける
マーキャリ
NextCareer
(Saas/年齢制限無)
インサイドセールス
フィールドセールス
カスタマーサクセス

職種特化エージェントは、経験を生かした
年収アップが狙いやすいです(特に営業)。

業界特化型エージェント特徴
キララサポート看護+
(医療/福祉/55才まで)
東京/神奈川/埼玉のみ
職場の生情報が聞ける
専門知識が豊富
【プライムキャリア】
(不動産/64才まで)
経験者は40才以上も可
企業と求職者の両面型
二人三脚の伴走形式
建築転職
(建設/年齢制限無)
担当が国家資格保有
社風も聞ける
有資格者転職に強い
飲食業界の転職は
フーズラボ・
エージェント
(飲食/49才まで)
全国区で求人対応
限定非公開求人多数
週休2日求人あり

業界が同じだと知見を生かしつつ
違う働き方ができます。

働き方特化エージェント特徴
RobertWalters
(海外/年齢制限無)
バイリンガルの担当
高年収スピード選考
チームでの転職支援
リアルミーキャリア
(ワーママ/年齢制限無)
時短/育児勤務に特化
時短で年収アップ可能
一都三県への転職特化
リモフル
(リモート/年齢制限無)
ビジネス系職種特化
リスキリング可能
正社員キャリア特化

理想の働き方を追求する方法もあります。

個人的なおすすめ4選

おいもの個人的には、

  • 最速で優秀な担当に出会いたい
  • 子育てのためにリモートしたい
  • 年収アップしたい

という希望の優先順位が高く、
以下の4社を選びました。

転職エージェント特徴
リクルートエージェント
(総合型/年齢制限なし)
非公開求人数最多
転職エージェントナビ
(総合型/30才まで)
複数担当変更可
MARSCAREER
(特化型/29才まで)
ハイクラス/営業
リモフル
(特化型/年齢制限なし)
リモート前提

リクルートエージェントで求人数を確保。
それ以外は個別に理由があります。
詳細は下記記事にまとめています。

併用は正直に担当へ伝えるべき?

併用は正直に担当へ伝えるべき?

担当者に併用を正直に伝えると、

担当の心証を害して、紹介が減るかも

と考える方もいるかもしれません。

しかし、結論から言いますと
優秀な転職エージェント程、併用を好みます。

なぜなら、優秀な営業担当者は

  • 他社求人を自社で扱えるよう営業する
  • 掛け持ちの本気度を察知する
  • 他社選考すら内容掌握の術にする

ことができるからです。

私自身の営業経験からしても、
比較検討する方は必ず決断してくれました。
優先的に真摯な対応を心掛けていました。

紹介が被ったらどうするの?

別々の転職エージェントから紹介が被ったらどうするの?

併用することで、別の担当者から
同じ求人紹介を受けることもある。
誰から受けるかを選ぶ必要があります。

重複時の選定基準は、担当の内定獲得力です。
担当の内定獲得力は2種類あります。

  • 求人企業とのコネクション
  • 担当者個人の営業力

元営業の知見から、上記に優劣はありません。
両方必要で、成功確率はケースバイケース。
担当との相性で選んで大丈夫です。

断るタイミングとメール例

転職エージェントを断るタイミングとメール例

転職エージェントを断るのは内定時です。

言いづらい事ではありますが、
マナーと感謝を込めてお断りしましょう。

私の実際のメールは以下の通りです。

○○エージェント ○○様
お世話になっております。
○○様にご紹介頂いた中、恐縮ですが
○○の内定を頂き、転職を決めました。
つきましては、求人紹介の停止と
個人情報の削除をお願いします。
よろしくお願いいたします。

伝える内容は以下の3点です。

  • 内定による転職活動の終了
  • 今後の求人紹介の停止
  • 個人情報の削除

電話よりもメールの方が会社に証跡が残り、
エージェントの対応が早くなり
、おすすめです。

転職エージェント併用で内定へ

転職エージェント併用で内定へ

転職エージェントでの転職は、
複数利用が成功のカギになります。

以下の4つの併用メリットを得られるからです。

  1. 優良非公開求人の数が増える
  2. 良い担当に出会う確率が上がる
  3. 転職を考える視野が広がる
  4. エージェントと駆け引きができる

具体的なエージェントの組合せは、
総合型2つ/特化型2つがバランス良いです。

複数の転職エージェントと話した方が、
冷静な比較と早急な知見蓄積ができ、
転職活動がスムーズに進みます

飲み友達になるケースもあります(笑)
複数エージェントを是非ご活用ください!

\実績豊富・非公開求人多数/
リクルートエージェントに相談
リクルートエージェント