活動後"依頼" PR

【円満退職の体験談】失敗しない退職の流れと注意点を徹底解説

【円満退職の体験談】失敗しない退職の流れと注意点を徹底解説
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
友人

退職の話を詳しく聞かせてよ!

先日、前職の友人に呑みに誘われました。
話しつつ転職活動を振り返ってみると、

  • 不安だけど、踏み出したら楽になる
  • 本音は正しいけど、正直なのは危険
  • 会社の理屈は真に受けちゃいけない

と強く感じました。

この記事では、おいもの転職実体験から
退職について以下の点を解説します。

  • 不安な状態で退職して大丈夫なの?
  • 退職時の会社に対する立ち回り方は?
  • 具体的に何からすればいいの?

失敗しない退職には、心の準備が大事です。
私も不安を友人と相談して解消しました。
新たなスタートに向けて、準備しましょう。

\気が重ければ、代行もアリ/
退職代行ガーディアンはこちら

体験に学ぶ失敗しないコツ10選

失敗しないコツは経験から

転職者の大半は退職初心者です。
転職のプロや転職者の体験談は利用すべきです。

友人エージェントの話とおいもの実体験から
失敗しない退職のコツは以下の10個です。

  1. ボーナスと就業規則を確認
  2. 本音は同僚に伝えない
  3. 前向きな希望で理由を創る
  4. 流れをプロと話して整理する
  5. 「他で通用しない」から脱却
  6. 自分のために腹をくくる
  7. 休日前に対面で上司に伝える
  8. 引き止め対応はプロと相談
  9. 最終出社日まで引継ぎと確認
  10. 有給中に手続きと慰労飲み

タイミングとやるべきことを知っていれば
失敗しません。個別に詳しく解説します。

ボーナスと就業規則を確認

ボーナスと就業規則を確認

退職検討時に最初にすべきことは 
私達に都合のいいスケジュールの設定です。

最適な退職スケジュールは、

  • 有給消化中にボーナス支給される
  • 就業規則に則る最短日で退職申出をする

ことです。

ボーナス支給制度の確認

ボーナスは算定の期間/ルール/支給日を確認し、
必ず満額を受領しましょう。

おいもの場合

ボーナス締め12月末まで営業契約し
翌1月末付け退職でボーナス支給を確認

営業実績は決済で利益計上確定のため
1月中に引継者で決済終了するよう調整

退職の申出時には、退職日と最終出社日の申告を 自分から行うのがベストです。

就業規則の退職規定を確認

退職交渉前に私達の落ち度を無くしましょう。
就業規則の遵守は必須です。

おいもの場合

申告は民法通りの2週間前
12月中旬申告で1月は有給消化し
申告後の出社期間を最短にした

終わりを自分で決めて動けば、
会社ではなく自分で退職の主導権を取れます。

猫さま

制度からスケジュールを建てよう!

本音は同僚に伝えない

本音は同僚に伝えない

転職活動は完全な情報戦です。

  • 会社の同僚との会話
  • SNSでのつぶやき
  • 転職サービスへの登録
  • 転職イベントの前調べ

には細心の注意を払い、現職の社員に伝わる
ルートはすべて封鎖しましょう。

会社の同僚に退職を言わない

親友でも、話が漏れるリスクはあるため、
同僚に退職を匂わせてはいけません。

退職が経営陣に伝われば、対策が始まり
仕事や退職がしづらくなります。

退職の話は、家族/社外の友人/プロに
聞いてもらいましょう

SNSで退職をつぶやかない

SNSの履歴から退職バレするケースも多いです。
会社の調査力を舐めてはいけません。

会社の最大のリスクは退職です。
経営陣ほど情報検索力は高い。
デジタルタトゥーは厳禁です。

退職に関わるストレスは
証跡の残らない会話で対処しましょう

転職サービス登録で自社を外す

転職サービス登録時は、情報封鎖のために
自社を必ず除外設定しましょう。

現職場を登録してない場合でも
人事は他の記載内容で分かるので要注意です。

サイトの除外設定は厳密に管理しましょう

転職イベントの前調べ

転職イベントには、現職関係者がいないかを
調べてから参加しましょう。

ビジネスで友好な信頼関係があれば
人事間で転職活動が伝え漏れます。

リスク回避でイベント不参加もアリです

前向きな希望で理由を創る

前向きな希望で理由を創る

転職理由は、現職への不満ではなく
「転職先でしか出来ない成長」など 
前向きな希望から創りましょう

本音は不満で全然OK

本音の退職理由は、不満でも問題ありません。

おいもの本音の退職理由
  • 勤務時間を短くして子供を見たい
  • 給与のコスパが悪い
  • キャリアアップしても未来が無い
  • 副業が認められていない

上記のような不満はあって当然です。
でも、言わなくていいものです。

猫さま

不満は軋轢を生むだけだね

建前の理由を希望から創る

会社が否定しずらい退職理由は、
「新職場で叶う成長と挑戦」です。

成長/挑戦の否定は、人格否定です。
真っ当な会社ならできません

おいもの場合

「営業以外で関心のあった
新領域に挑戦したい」と報告
上司は否定できなかった

退職理由は建前で十分です。
前向きであれば相手も納得しやすい。

猫さま

相手のためにも建前を作ろう

流れをプロと話して整理する

流れをプロと話して整理する

建前を転職エージェントと相談しましょう。
プロの個別アドバイスで修正します。

本音と建前まで整理できていれば、
優秀で本気度の高い転職者として
転職エージェントも注力してくれます

猫さま

プロのアドバイスで流れを整理しよう

「他で通用しない」から脱却

「他で通用しない」から脱却

結論から言いますと、「他で通用しない」は
間違っており、会社が転職者にかける呪いです。

新職場に馴染むには労力と時間が要りますが
私達の力が他で通用しない訳じゃない。

謙虚で貪欲な成長意欲は評価されます

猫さま

「他で通用しない」は会社の嘘

自分のために腹をくくる

自分のために腹をくくる

上司に「強い退職意志を見せる」事は最重要。
自分の気持ちを整理しましょう。

冷静に整理すること
  • 縁を切りたいなら、好印象は不要
  • 退職しても、友人とは飲める
  • 低成長は、会社にも責任がある
  • 新しい職場で、理想の暮らしが叶う

会社の理屈のために損をしてはいけません。
自分のために、静かに腹をくくりましょう。

猫さま

自分の未来のために意志を固めよう

休日前に対面で上司に伝える

休日前に対面で上司に伝える

退職の申出は休日前にしましょう。
対面で手間を減らします。
退職願も書いて手渡しするのがベストです。

退職申出は休日前がベスト

退職時に一番面倒なのは、飲みに誘われて
上司のペースで帰してもらえない場合です。

強引な引き止めを回避するために
退職面談時に翌日の私用も伝えて
相手主体のお誘いの流れを切りましょう

別の日に面談は設定されますが
申出の反応と次の展開を踏まえて
エージェントと相談する時間がとれます。

対面で上司に退職を伝える

億劫ですが、対面は強い意志が伝わります。
結局、対面は早く引き止めを終えられます。

メールで伝えるのはマナーとして微妙ですし、
結局最終的には面談になるため、無意味です。

対面で退職願を説明し、感謝メールで
会社に証拠を残すのが一番の得策です

ただ、言いづらいため、退職代行もアリです。

\安心・即日・追加料なし/
退職代行ガーディアンはこちら

引き止め対応はプロと相談

会社の引き止め方法は、個別事象が多いです。

上司に対して揺らがずに意志を伝える
論理的な展開が必要になります

私も、転職先を決めてから退職了承までが
最も頻繁に友人エージェントと話しました。
仲も深まりました(笑)

話す内容や順番にも、適切な正解があります。
詳細は下記記事をご覧ください。

強い意志と前向きな理由を貫ければ、
退職交渉は終わります。

猫さま

プロを使って退職交渉を成功させよう

最終出社日まで引継ぎと確認

最終出社日まで引継ぎと確認

引継ぎと確認事項をこなせば、
最終出社日までは意外とすぐにやってきます。

業務引き継ぎ資料を作る

引継ぎの作成には時間がかかります。
退職日から逆算して 案件を減らしても良い。

早く引継ぎ資料が出来たら
身辺整理と引継ぎを作っているふりをして
最終出社日までやり過ごしましょう

資料が最終出社日に間に合わなければ
謝罪を添えて、上司に渡してしまいましょう。

社外秘データの確認と抹消

社外秘情報は多く、処理に時間がかかります。
計画的に消していきましょう。

データ抹消等の退職案内は、総務の都合で
後回しにされがちなので注意が必要です
自分からメールして確認しましょう

持株会の手続きと離職票の依頼

退職時に会社から案内されない資料や手続きの
代表的なものは持株会退会と離職票発行です。

持株会は会社案内に加えて、引き出し用に
証券口座の開設と証券移管が別途必要です

失業給付に必要な離職票は依頼が必要です
退職後10日前後で会社から郵送されます
来なければ、催促も必要です

上記2点は自己責任として
会社案内が無いケースが多いです。

猫さま

自分から退職手続きを申し出よう

有給中に手続きと慰労飲み

有給中に手続きと慰労飲み

退職手続きは本社対面で行うことが多く
有給中に時間指定で行うのがお勧めです。
有給期間中は友人との慰労飲みし放題です。

本社対面での書類手続き

遠方の本社で、話が長引くのを避けたければ、
有給中に私服出社での手続きがおすすめです。

前後に予定があると伝えれば、
最小限の時間で手続きできます

私服で有給期間中であれば
不用意に面倒な飲みにも誘われません

最終出社日が一つの区切りになります。

自由に慰労飲みをする

退職が確定した有給消化中は
親しい人との慰労飲みを設定しやすいです。

有給中の慰労飲みメリット
  • 相手都合で日程調整できる
  • しがらみなく本音で自由に話せる
  • 今後の付き合い関係が生まれる

私は退職後の方が、元同僚と飲んでます(笑)

猫さま

有給中に手続きとお付き合いだね

まとめ:円満退職は準備が全て

まとめ:円満退職は準備が全て

転職初心者でも、転職活動の成功例を知れば
円満退職はできます。

失敗しない退職のコツは、

  1. ボーナスと就業規則を確認
  2. 本音は同僚に伝えない
  3. 前向きな希望で理由を創る
  4. 流れをプロと話して整理する
  5. 「他で通用しない」から脱却
  6. 自分のために腹をくくる
  7. 休日前に対面で上司に伝える
  8. 引き止め対応はプロと相談
  9. 最終出社日まで引継ぎと確認
  10. 有給中に手続きと慰労飲み

の10個です。

入念な準備がスムーズな退職に繋がります
転職エージェントと一緒に整理しましょう

参考:退職代行は使ってOK?

退職代行は使ってもいいの?

円満退職法を解説しましたが、
退職代行での退職も、結論としてはOKです。
退職は権利であり、退職方法は好みだからです。

退職は合法的な権利

退職希望日の14日前までに退職意思を伝えれば
民法上(第627条)企業承認なしで退職可能です。

退職代行サービスに違法性はありません。

退職方法は個人の好み

退職方法は退職理由によります。

  • 体調・精神面から辞めたい
  • 人間関係が悪くて辞めたい
  • 会社がブラックで怖い

場合は退職交渉自体がしんどいです。
話すのが嫌なら話さなくていい。

優先すべきは私達の心身の健康です

おすすめ退職代行3選

退職代行の中でおすすめは以下の3つです。

サービス特徴税込料金
ガイア総合
法律事務所
弁護士が対応
一律料金で安心
55,000
弁護士法人
みやび
弁護士が対応
給与交渉などの
有無で料金選択
77,000
55,000
27,500
退職代行
ガーディアン
合同労働組合
安く、確実
24,800

個人的には「退職代行ガーディアン」が
コスパのバランスが良いと思います。

退職代行のメリット・使い方は
下記記事にまとめております。
是非こちらもご覧ください。

ストレスのない退職が一番です。
必要に応じて退職代行も活用しましょう。

\安心で確実な退職のために/
退職代行ガーディアンはこちら
リクルートエージェント