活動中”活用” PR

【元営業が使ってみた本音】ひどい転職エージェント担当の共通点9選

【使ってみた本音レビュー】元営業が解説!ひどい転職エージェント担当の共通点9選
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

私は、転職活動で担当変更をしました。

転職の成功は担当の力量次第
悪い担当の特徴は共通しており
ハズレを引かないのが大事です

この記事では、元営業マンのおいもが
避けるべき営業担当の特徴を
使ってみた本音ベースで解説します。

この記事にオススメな人
  • 対営業で失敗した経験がある人
  • 営業されるのが苦手な人
  • ひどい担当者を避けたい人
  • 必要以外の事をしてほしくない人
  • 担当ガチャへの対策を知りたい人

ひどい担当者の特徴は

  1. 膨大な選考提案 
  2. 連絡が遅い 
  3. 前提解説がない 
  4. 時間管理が下手 
  5. 話を聞かない 
  6. 御用聞き 
  7. ミスマッチ連続 
  8. 月末決断を催促 
  9. アフターフォローの言及無し 

です。

営業マンの力量/性格/意図は、
担当者の発言/行動/紹介案件に現れてきます。

担当の性質と今後のリスクも解説します!
ぜひ担当者選びにお役立てください。

\気軽に無料の担当者選び/
転職エージェントナビはこちら

転職エージェント営業の性質

転職エージェントは営業マン

人材紹介の転職エージェントは
高度なゴリゴリの営業マンです。

営業マンである以上、

  • 成約が業績/給与に直結する
  • 結果は担当の力量次第で変わる
  • 顧客満足が結果に影響する

という営業の本質は変わりません。

転職エージェントの利益構造

転職エージェントの利益源泉は、
成果報酬で企業から頂くフィー収入です。
内定が確定した時点で紹介料が発生します。

企業の人件費から収入が発生するため、
私達求職者は無償で利用できます

営業担当者の収入計算は、
各期毎に紹介料ノルマがあり、
内定成約の実績連動で賞与が決まります

賞与計算は個人実績の場合も
チーム/会社実績の場合もあります

上記構造のため、営業担当者のゴールは
求職者の内定及び友人
求職者紹介です。

猫さま

マッチングとリピートだね

転職成功は担当の力量次第

転職の成功は、エージェント会社よりも、
営業担当の腕に左右されます。

一個人の営業担当の力量として

  • 求職者が話しやすい人を演じる
  • 求職者ニーズを会話で抽出する
  • 求職者の切り口で求人紹介する
  • 相談者として快い決断に導く

ことが転職成功に直結するからです。

私も営業マン時代、他社競合時には
「どの会社の誰が来るか」によって
話す内容/対策を変えていました

実際使ってみた感想としても、
会社選びより担当選びの方が重要です。

猫さま

何よりも担当者が大事だね

顧客満足が結果に影響する

転職を決断するのは誰でしょうか?
紛れもなく私達求職者です。
つまり、転職結果の決定権者は私達です。

この事実を誤解している営業が
ひどいハズレ営業担当です。
言語化しますと

  • 人を転職させる力があると誤認している
  • 実績を上げたい意図が明らかに見える
  • 顧客満足の努力を省き、自分本位に振舞う

性質のある担当です。

営業マンの経験則からして、
顧客の役に立たなければ、
内定成約などは夢のまた夢です

転職といった大きな決断ではなおさら
顧客満足がなければ、仕事が成り立ちません。

猫さま

Win-Winを目指せる担当がいいね

ひどい営業担当の特徴9選

悪い営業担当の特徴9選

ひどい担当の行動特徴は以下の9つです。
それぞれの行動には、必ず担当の性質と
性質から生じうるリスクがあります。

行動特徴担当の性質今後のリスク
膨大な選考提案思考停止要望把握不足
連絡が遅い怠慢選考の門前払い
前提解説がない配慮なし企業との軋轢
時間管理が下手無計画企業に悪印象
話を聞かない自分本位希望を曲解
御用聞き低レベル頼れない
ミスマッチ連続学習不足ゴールに不着
月末決断を催促人を騙す情報の隠蔽
内定後の言及無し回転重視適当な対応

悪い営業担当の特徴は全国共通です。
転職成功のために見極めましょう。

膨大な選考提案

実力がない営業に多いのが、
数撃ちゃ当たると、紹介数で勝負する方です。

このタイプは思考停止してます
求職者の理解・将来の想像を放棄して、
奇跡に神頼みをしています

求職者は、選考に忙殺される上
落選の精神ダメージも受け、良い事
無し

営業担当が機械的に仕事をこなす場合も
この対応になります

選考数をこなしたいのであれば、
自分でサイト登録する方がよっぽど効率的です。

猫さま

自分の仕事を放棄してるね

連絡が遅い

即レスは営業に限らず、仕事ができる社会人の
共通するバロメーターです。

連絡が早く、マメなことは
誰でもすぐできる好印象を掴む方法だからです。

上記にもかかわらず、連絡が遅いのは
担当の怠慢でしかありません

顧客への連絡が遅ければ
当然、企業へも連絡遅れ/不備があり
選考が門前払いに合うことも

連絡の遅い営業に 
企業も非公開の大事な採用案件を
預けるはずがありません

私も営業時代に多くの担当と関わりましたが
仕事ができる方は皆、即レスです。

猫さま

仕事の基本だね

前提解説がない

自分や業界の知識を前提として
解説を一切せずに提案する営業もいます。

このタイプは、転職市場の専門性と
決断の重みを担う職責が見えていない

相手目線から見れば、配慮が出てきます
しかし、このタイプの人は配慮がない

同様に企業への配慮もないため、
徐々に企業担当とすれ違い
企業にも陰で嫌われています

悪気が無く、仕事熱心な方も多く、
見極める注意が必要なタイプの営業です。

猫さま

相手への配慮は、営業に必須だね

時間管理が下手

時間にルーズな担当は、最悪のパートナーです。

  • 時間を守らない
  • スケジュールが組めない
  • リマインドがない

と、近い将来に必ず事故が起きます。

時間を守り、予定を組むのは
ミスを未然に防ぐための
最低限の社会人スキルです

時間管理が下手な担当は
私達/企業の悪印象を無意識に積み上げ
内定を着実に遠ざけます

計画性の無さや、約束を守るかどうかは
初対面でも見極めやすいポイントです。

猫さま

時間管理は、前提条件だね

話を聞かない

私達の話を聞かず、回答せず、聞いたふりをして
自分の話に強引に誘導する営業もいます。

このタイプは自分勝手です
営業の基本としての相手視点が無い
会話が成立していません

会話の成立は、ビジネスで非常に重要です
▼あわせて読みたい記事▼
【緊張で話せない人必見】仕事に直結!人見知りトップ営業マンの面接法を完全解説

相互理解どころか、
私達の希望を担当が勝手に捻じ曲げて
企業に誤解を生じさせる危険もある

実績を推す方がいますが、話を聞かない営業は
経験上、成果(内定)を出せません。

猫さま

話を聞かない担当は、危険だね

御用聞き

私達の希望を聞くばかりで
提案がネット検索レベルの担当もいます。

シンプルに営業レベルが低いです
仕事の価値が無く、もはやAIでいい

一種の会話の不成立です
担当との信頼関係が生まれず、
込み入った相談
において頼れない

話を聞かないよりマシですが、注意が必要です。

猫さま

エージェントである意味がないね

ミスマッチ連続

何度も同じミスを繰り返したり、
私達の希望が提案に反映されない方もいる。

話を聞いていないのと同じです
学習能力不足とも言えます
私達の努力は無駄になります

私達はエージェントとの議論で
自分の情報を振り返り、条件を修正し
内定というゴールにたどり着きます 

担当の学習能力がなければ
内定ゴールに近づけず、路頭に迷います

ミスは仕方ないが、学習しないのは論外です。

猫さま

長く付き合えないタイプだね

月末決断を催促

営業成績を締める月末までに 
無理やりに内定判断を迫る担当もいます。

このタイプも自分勝手です
企業の内示期限を勝手に変えて
私達を騙す担当もいます

書面を変えるのは違法です
騙す雰囲気も大概バレるものです
色々残念なタイプの担当です

一切信頼をおけないため 
恣意的な情報隠蔽も疑う必要があります

期限に強引さを感じたら注意しましょう。
最も危険な営業マンです。

猫さま

嘘をつく営業は断固拒否だね

アフターフォローの言及無し

内定後のアフターフォローに言及しない営業
も注意が必要です。

内定後、一切連絡がつかず、
仕事の回転重視のタイプです

信用して頼ることができません

個人的にエージェントに救われたのは
退職交渉時にノウハウを借りた時でした
▼あわせて読みたい記事▼
【後悔しない円満退職を】しつこい引き止め無縁!本音と感謝を伝える交渉ポイント3選

内定後フォローのない担当では
退職時や入社時の手続きを
適当にされる可能性がある

アフターフォローに力を入れる営業は
能力が高い傾向があります。

猫さま

フォローに力量がでるね

複数比較と、早めの担当変更を

転職エージェントは複数登録して比較し、合わなければ早めに担当変更しましょう

転職エージェントは、性質上

  1. 個人実績に給与が連動する
  2. 会社より担当が内定に影響する
  3. 顧客満足が必須になる

という完全な営業職です。

ひどい営業マンの特徴は、

行動特徴担当の性質今後のリスク
膨大な選考提案思考停止要望把握不足
連絡が遅い怠慢選考の門前払い
前提解説がない配慮なし企業との軋轢
時間管理が下手無計画企業に悪印象
話を聞かない自分本位希望を曲解
御用聞き低レベル頼れない
ミスマッチ連続学習不足ゴールに不着
月末決断を催促人を騙す情報の隠蔽
内定後の言及無し回転重視適当な対応

です。

具体的に営業担当との初回面談で、
ある程度見極める方法もあります

▼あわせて読みたい記事▼
【面談めんどくさい人必見】元営業が実戦!初心者の転職エージェント対応法3選

転職市場の全体像としては、
特に求人メディアの掲載求人が伸びており、
市況が活況になっている好機です。

理想の転職のために
担当はきちんと見定めましょう!

複数エージェント利用がマスト

転職活動を失敗しないための大前提として、
複数エージェント利用が重要です。

一つの会社、一人の担当だと
善し悪しが比較判断できず
罠にはまる確率が上がります

転職活動をする際には
複数のエージェント登録が必須です。

おすすめエージェントは以下の4つです。

転職エージェント特徴
リクルートエージェント
(総合型/年齢制限なし)
非公開求人数最多
転職エージェントナビ
(総合型/30才まで)
複数担当変更可
MARSCAREER
(特化型/29才まで)
ハイクラス/営業
リモフル
(特化型/年齢制限なし)
リモート前提

会社を比較しながら、担当も選び、
私達に合う担当と出会うことが重要です。

\何度でも無料で担当変更可/
転職エージェントナビはこちら

担当者変更は当然の権利

担当変更に気兼ねする方も多いです。

しかし、営業との面談である以上
私達に当然、変更の権利はあります。

所詮人と人との関係性なので 
「合わない」ことはあります

嫌な人と3か月以上連絡するのは
普通にしんどく、無益です

転職エージェント側も
合う担当と内定を目指す方が
生産性が上がります

担当変更をすることに対して
私達が負い目を感じる必要はありません

営業担当さんのためにもなります。
最高の担当を選んでいきましょう! 

\理想のキャリアをつかむ/
転職エージェントナビはこちら
リクルートエージェント